資金調達のサポートは優秀なアドバイザーに相談しよう

>

頼りにした方が良い理由

書類の書き方を学ぼう

金融機関に融資を申し込む際は、いくつかの書類が必要です。
特に事業計画書は、何のために資金が必要なのか説明する書類なので重要だと言われています。
書き方が適当だと金融機関から信頼されず、審査を通過できないでしょう。
事業計画書をどのように書けば良いのか税理士に尋ねてください。
税理士がうまく説明するコツや、信頼されるポイントを教えてくれます。

ポイントを押さえながら書類を作成することで、無事に審査を通過できるでしょう。
自分1人で内容を考えて、書類を作成するのは大変です。
思った以上の時間が掛かってしまう恐れがあるので、税理士に相談した方が時間の短縮にもなります。
丁寧に書類を作成し、金融機関に提出してください。

代わりに説明してもらう

審査の時に、金融機関のスタッフと話し合いをする機会があります。
その時にこちらの事業内容やこれまでの実績などを説明しますが、緊張してうまく説明できないかもしれません。
緊張して相手に伝わらなければ、こちらの印象が悪くなることもあります。
そこで税理士がいれば、自分の代わりに説明してもらうことが可能です。

税理士は順序だててわかりやすく説明してくれるので、金融機関側に与える信頼も大きいでしょう。
金融機関から融資を受ける際に、どのような工程があるのか調べてください。
自分1人でそれを背負うのは難しいと思ったら、税理士を頼るべきです。
負担を削減することで、自分は他の作業に集中できます。
結果的に資金調達もできますし、仕事の効率も上がるのでメリットが多いですね。


この記事をシェアする

トップへ